• ホーム
  • 胃腸薬服用のタイミングが違うと効果が半減?!

胃腸薬服用のタイミングが違うと効果が半減?!

吐き気がする女性

薬は1日3回で食後30分以内に服用するのがほとんどで、胃腸薬も例によって同じだと思われがちですが、症状によって薬の成分も異なり、薬効の目的によって飲むタイミングが違ってきます。
胃腸薬は飲み方を間違えると効果が弱まるどころか、まったく効かないということもあるので、説明書に書かれた服用に適した時間で飲む必要があります。
基本的には食欲増強をもたらしたり、胃の運動を高めて胃酸の分泌を促すことで消化を助けるといった健胃薬、漢方薬などは食事の30分前、いわゆる食前に飲む薬となります。
消化そのものを助ける効果や、栄養分の吸収をしやすくするもの、食事をすることで胃もたれがひどいといった症状を改善する消化薬は、食事から30~60分後に服用するもので食後に該当します。
また粘膜が薄く胃が痛むといった人や、胃酸が分泌されすぎるので抑制したい場合や、食事に影響されやすい薬は、胃粘膜保護薬や制酸薬という分類になり、食後2時間くらい経った空腹時に服用する食間となります。
食間は文字だけで見ると食事中に服用するものと考えられそうですが、食事と食事の間という意味になるので、例えば朝食と昼食の間、あるいは昼食から夕食の間に服用するという意味です。
漢方薬は胃への刺激があまり強くないのと、作用が徐々に出てくるタイプなので、通常は食前か食間の服用が指示されます。
ただし食前や食間とされている胃腸薬を飲んで、胃に負担がかかることで違和感や痛みが出た場合は、胃の負担をやわらげるために、医師の判断で食後に切り替えられることもあります。
胃腸薬の飲むタイミングは決まっていますが、医師から指導があった場合は、その指示に従って飲むようにしましょう。