• ホーム
  • 胃腸薬を海外で手配するため英語表

胃腸薬を海外で手配するため英語表

胃腸薬は胃や腸の調子を整えるのに役立つ医薬品であり、胃が重いと感じたり、お腹が痛かったりしたときに重宝します。
その有効成分にも多数のものがあり、生薬由来のものもあれば、抽出された酵素を含むものもあり、他の多くの医薬品のように合成された物質であるものもあります。
多様な成分が配合されているものも多く、その組み合わせによって効きやすかったり効きにくかったりといったことが個人によって違います。
そのため、多くの人は自分が胃が重いと感じたときに使うお気に入りの胃腸薬を持っています。
国内であればそれを簡単に手に入れることができますが、海外旅行に行った際にうっかり常備薬として持っていくのを忘れたり、少量持って行ったけれども足りなくなったりしてしまうこともあります。
海外で食生活が変わると胃腸に負担がかかることはよくあり、胃が重いと感じるようになってしまいがちになります。
そういった際に、胃腸薬を手にしようと考えると英語でどういうのかがわからず手配するのに困ってしまうというのはよくあることです。
英語が通じる国であれば辞書を片手に携えていけばgastrointestinal drugやa digestive drugといった言葉を見つけることができるでしょう。
こういった表現を知っておくといざというときに役立ちますが、急を要さないことも多いため、英語表記を一覧にした表を持って歩くというのも良い方法です。
薬局に行って指差しで胃腸薬を手に入れることが可能であり、英語が苦手に感じる人にはとても役立つでしょう。
また、英語圏でないときにも英語表記と日本語表記を見て類推してもらえる可能性があり、文字を手元に持っておくというのはとても役立つのです。