• ホーム
  • 胃腸薬やアリナミンは効果を比較して自分に合うものを

胃腸薬やアリナミンは効果を比較して自分に合うものを

薬には、普段から家に置き薬として常備しておくと便利なものがあります。
それは風邪薬や胃腸薬、アリナミンなどで、日常でよく起こる病気や症状を改善することが出来るので、買って置いておくといざという時に役に立ちます。
しかし、胃腸薬にも種類があるので、どれを選ぶかは迷ってしまう所かもしれません。
胃腸薬の種類と効果を比較してみると、まず、健胃剤や消化剤といった種類の薬は消化不良の時に飲むと良い薬です。
次に胃酸が原因となって胃が痛かったり吐き気がする場合に有効なのが、胃酸を科学的に中和する働きを持つ制酸剤や、荒れた胃粘膜の修復を行う粘膜修復剤、空腹時の胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーといった種類の薬になります。
それから、胃が痛い時に胃の活動を支配している副交感神経を遮断することで、胃酸が過剰に出過ぎていることや胃の緊張によって起こっている痛みを抑える仕組みの、鎮痛鎮痙剤という種類もあります。
また、総合胃腸薬は、複数の種類の胃腸薬を組み合わせて様々な症状に対応出来るようにしてある薬のことで、制酸剤のみのように1種類の薬を飲むことと比較すると効果はやや穏やかですが、何だか胃が痛いとか胃の調子が悪いというような、原因がはっきりしない時に利用すると便利な薬です。
胃腸薬はこのように多くの種類があるので、選び方がよくわからない時はドラッグストアで薬剤師に相談してみるのがおすすめですし、症状がひどい場合は病院で診察を受けて医師に薬を処方してもらうのが一番良い方法です。
それから、アリナミンも家に置いておくと便利な薬ですが、アリナミンAは体がだるかったり重かったりして疲れている時に脂質、たんぱく質、糖質の三大栄養素を効率よくエネルギーに変える働きをして疲れを改善出来る薬です。
アリナミンにも種類がありますが、比較してみると成分の内容や量が違うので、どれを選ぶかで迷ったら薬剤師に聞いてみるのも良いでしょう。