• ホーム
  • 胃腸薬の飲みすぎに注意!

胃腸薬の飲みすぎに注意!

おなかが痛い人

食欲がない時やお酒を飲み過ぎた時など、胃腸薬のお世話になった事がある方は多いと思います。
しかしちょっと胃腸の調子が悪いなと思うとすぐに胃腸薬を飲むようになってしまってはいませんか?
胃腸薬は上手く利用すれば強い味方ではあるものの、必要以上に服用してしまうと身体に様々な問題が起こる恐れがあります。
まず常用した場合に考えられる問題として、「効果が出にくくなる」という問題があります。
薬を飲み過ぎると身体がその薬に慣れてしまい、それによって同じ量では効果が得られにくくなるのです。
また胃腸薬を常用していると、胃酸の分泌が少なくなる可能性もあります。
胃酸が少なくなると食べ物が上手く消化できなくなって胃の中で食べ物が発酵する恐れがあり、それによって胃もたれが引き起こされたり、口臭が強くなる恐れがあります。
さらに胃腸薬に配合されている成分にはカルシウムの吸収を妨げるものもありますので、飲み過ぎるとカルシウム不足に陥り、骨折しやすくなるという事も考えられます。
カルシウム以外でもビタミンやミネラルが上手く吸収できなくなったり、免疫力の低下や下痢などの問題が起こるとも言われています。
どんな薬でも過剰な服用は逆効果となってしまいます。
何でもかんでも胃腸薬に頼るのではなく、普段から胃腸を労わるように心がけ、どうしてもという時だけ服用するようにしたいですね。
胃腸薬に頼らないようにするためには、まずは食事の際にはしっかり噛むようにする事が大事です。
暴飲暴食をせず、腹八分目にする事も心がけたいですね。
脂っこい食事や肉などの消化に悪いものやアルコールも控えめにするようにしましょう。
睡眠中に胃に食べ物があると胃腸に大きな負担となりますから、食事は就寝の3時間前までに済ませる事も大事です。