• ホーム
  • 胃もたれの原因はピロリ菌?胃腸薬で治療できる?

胃もたれの原因はピロリ菌?胃腸薬で治療できる?

おなかが痛い女性

十二指腸潰瘍や胃潰瘍、慢性胃炎や胃がんの原因になると言われているピロリ菌。
胃や腸に症状が出る病気ではありますが、胃腸の調子を整える胃腸薬ではピロリ菌には効果はありません。
ピロリ菌は胃に生息している細菌で、除菌のためには抗生物質を飲む必要があります。
胃腸薬は分泌されすぎた胃酸を中和して胃腸の働きを抑えるもの、逆に胃酸の分泌を促進させて胃腸の働きを活発にする働きのものがありますが、除菌の効果はありません。
そのため、胃腸の調子を整える効果の胃腸薬では、ピロリ菌が原因の症状の場合には解消ができないのです。
食欲の低下や胃もたれなどもピロリ菌が原因になることもあるため、症状だけを見て胃腸薬を飲めば治る、と簡単に考えてしまいがちです。
しかし、日本人の約半数、50代以上に限ると70%以上の人がピロリ菌に感染していると言われているため、胃もたれなどの症状が改善しない場合には病院で一度検査を受けてみた方が良いでしょう。
ピロリ菌の除菌に成功すれば、それが原因であった胃もたれや胸焼けは改善されるはずです。
一度の除菌治療で効果がない場合には別の抗生物質での除菌が行われます。
胃腸薬を飲んでも、抗生物質を変えて何度か除菌をしても胃もたれなどの症状が改善しない場合には、さらに別の病気である可能性もあります。
我慢せずに、病院で診察を受けるようにしましょう。
胃もたれの原因は、食生活やストレス、などが原因の場合もあります。
まずは自分の食生活や生活習慣を良く観察し、脂っこいものを好んで食べたり、暴飲暴食や早食いをしているならば、胃の消化機能に大きな負担をかけている可能性が高いため、食事の内容や食べ方の改善を行いましょう。
また、ストレスも胃の働きを悪くするため、ストレスの解消も重要になります。